ケニア キアンブ・カウンティ カムンドゥ農園(RA認証) AB ウォッシュド 21/22クロップ

FLAVOR CHART

TOTAL
82.0pt
香り、味共にやや淡く、AAをそのまま縮小させたよう。
それでもネガティブな要素は少なく、ABとしては及第点。
【2022.12.13】

FLAVOR CHARTをみる

  • セール中

ケニア キアンブ・カウンティ カムンドゥ農園(RA認証) AB ウォッシュド 21/22クロップ

数量:
容量:

通常商品、お取り置き商品に関わらず、ご注文頂いた個数を出荷する仕様となってございます。
出荷袋数を分けたい場合は、お手数ながら複数回にご注文を分けて頂きますようお願い申し上げます。

例:
お取り置き商品を5袋ご注文頂いた場合は、出荷依頼を頂いた際5袋全てを発送いたします。
5袋取り置き中「2袋のみ出荷」というご依頼は承りかねますのでご了承くださいませ。

2袋、3袋と出荷袋数を分けたい場合は、お手数ながら2回にご注文を分けて頂けますと幸いです。

FLAVOR CHART

TOTAL
82.0pt
香り、味共にやや淡く、AAをそのまま縮小させたよう。
それでもネガティブな要素は少なく、ABとしては及第点。
【2022.12.13】

COFFEE DATA

地域
ケニア中央 キアンブ・カウンティ キアンブ・イースト地区
認証
RA認証
規格
AB
業態
エステート
品種
ルイル 11、SL34、その他現地種
標高
1,800m~1,950m
栽培面積
181.38ha
収穫期
10~12月(メイン)、4月~9月(サブ)
スクリーン
15up
パッキング
60kg麻袋
加工方法
ウォッシュド
乾燥方法
アフリカンベッド、天日乾燥
クロップ年度
21/22クロップ
輸入通関日
2022-10-11
備考欄
他アフリカの22/23クロップ入荷に伴い、旧クロップの価格改定を行いました。(2023年8月16日付)
  • 商品詳細

新たな試みとなるケニアより、価格と味のバランスがうまく調和した単一農園のご紹介です。

 

 カムンドゥ農園は首都ナイロビから北に25㎞北上したキアンブ・カウンティ、キアンブ・イースト地区に位置し、ケニア中部のギスングリ町とリムル町に隣接しております。
この地域はコーヒー生産において長い歴史を持ち、20世紀初頭にイギリスの植民者によって設立された大規模な農園があることで有名でも有名です。

 またキアンブ・カウンティは、赤道に近く、コーヒー栽培に適している鉄分を多く含む半火山性の土壌に、所によっては黒色綿土壌とローム土壌が入り混じる理想的なテロワール、豊富な日照量、常に1,500m以上の高地という、アラビカコーヒーが上手く育つための条件をすべて備えております。
このような肥沃な高地では昼夜の寒暖差により、夜はチェリーがゆっくりと成熟し、最終的なカップに酸味と複雑さが生まれます。
収穫地であるカムンドゥ農園には同地域に精選を行うためのミルも併設されており、収穫から精選、乾燥まで一気通貫で行える環境にあることも特徴の一つです。

 

 小規模生産者が多いケニアでは、「ファクトリー」と呼ばれる生産処理場に納められた多数の小規模生産者のコーヒーからひとつのロットが作られるのが一般的ですが、今回ご紹介するものは単一農園ものになります。
 この農園に初めてコーヒーが植えられたのは、遡ること約100年前の1924年、はじめはイギリスの入植者によって所有されておりましたが、
その後ケニアがイギリスの植民地を脱却した1963年に現地民であるケニア人に売却、以来ずっとケニア人の手によって管理・営農が行われております。

 

かつては上記のような背景で多くの大規模農園が乱立し、コーヒーは独立後のケニアを支える一大産業となっておりました。
しかしながら、時代が進むにつれナイロビの都市化が進み、地価が上昇したため、大規模農園でのコーヒー生産は徐々に減少し、変わって地方での小規模農家による生産が近年増加している中、カムンドゥ農園ではその地域に受け継がれた知識と経験によって、今もなおコーヒーを作り続けているのです。

 

今回は伝統的なウォッシュド精選の商品を、AAとABの2規格にてご用意いたしました。
それぞれ、単一農園のケニア豆でありながら、比較的価格も抑えられた、品質と価格のバランスが非常にうまく取れた商品であると自信を持ってお勧めいたします。

 

Coffee Networkとしても数年ぶりのチャレンジとなりますケニアの新商品を是非お試しくださいませ。

 

 

 

もっと見る 矢印

この商品のレビュー

自家焙煎

2023/02/21 13:34:44

評価の通り、やや淡い印象です。
ですが深煎りにも耐えられ、冷めてくるとチョコレートのような甘さ、ボディもあり、なかなか美味しいです。
価格との釣り合いは微妙なところかと思っていましたが、昨今の大変な相場を思えば、60kgをさばけるのなら十分範囲内だと思います。
AAとのクオリティの差がどれほどか気になるところでもあります。

もっと見る 矢印