エチオピア イルガチェフェG1 ザ・セレモニー ナチュラル Konga村 21/22クロップ

FLAVOR CHART

TOTAL
82.13pt
マンゴーの様な濃い甘みを醸し出す香り、カップにもその甘さは強く続き、アフターもしっかり。
【2023.8.2】

FLAVOR CHARTをみる

  • 定番品
  • グレインプロ入り
  • 小分け有
  • セール中

エチオピア イルガチェフェG1 ザ・セレモニー ナチュラル Konga村 21/22クロップ

The Ceremonyシリーズ

数量:
容量:

「20kg プレミアムバキュームBOX」の在庫がありません。

FLAVOR CHART

TOTAL
82.13pt
マンゴーの様な濃い甘みを醸し出す香り、カップにもその甘さは強く続き、アフターもしっかり。
【2023.8.2】

COFFEE DATA

地域
エチオピア 南部諸民族州 ゲデオゾーン コンガ村
規格
G1
業態
村指定生産,ステーション
品種
在来種
標高
1,780~1,870m
生産量
約900袋(ステーション精選量合計)
収穫期
10月~1月
パッキング
60㎏麻袋、20㎏軽量タイプ
加工方法
ナチュラル
乾燥方法
天日乾燥
クロップ年度
21/22 クロップ
輸入通関日
2022-10-24
備考欄
他エチオピアの22/23クロップ入荷に伴い、旧クロップの価格改定を行いました。(2023年8月16日付)
  • 商品詳細
  • 農園
エチオピア イルガチェフェより毎年ご好評いただいておりますThe Ceremonyシリーズの追加入荷です。

第2便となる今回は、我々が到達したいと目指した味に必要な原料の選定を行った結果、定番商品となりましたKochere村ではなく、Konga村を買い付けました。
前回第1便とはLOTが異なるサンプルであったため再度カッピングを行い、Konga村を厳選した次第です。

また同じ手法でロット選定を行って作り上げたイルガチェフェG1 ウォッシュド、また新商品としてイルガチェフェのみならず地域を変えカッファG1も同時販売しておりますので合わせて是非お試しくださいませ。

※現地輸出価格、円安並びにコロナ禍でのコンテナ不足等によるコスト増の影響あり、昨年比で価格が大幅に上昇しております。
 皆様にはご不便お掛けし申し訳ございませんが、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 


~The Ceremonyのご紹介~
エチオピアの首都アディスアベバの南に位置するイルガチェフェ地区、日本のみならずスペシャルティコーヒー市場を牽引するアメリカのシアトルやポートランド等でも人気の高い地域です。
2015年より取り組みを開始した、“The Ceremony”シリーズも今年で早7年目を迎え、より一層洗練された商品になったと自負しております。

自社で精選ステーションを持ち、ECX で経験を積んだQグレーダーが在籍しているHailesllasie社(ハイレスラシエ)と組んでお届けするイルガチェフェは、原料の出所・精選所を村単位にまで絞ったロットです。
原料を調達する村や精選所を指定することでより純度の高い豆を揃え、ロットによるブレをできるだけおさえ、安定的に調達するというトレーサビリティを意識した手法でございます。

本商品“The Ceremony”の本来のコンセプトは、コモディティにちょっと手を加えるこの手法でお届けする「普段使いできるけど、いつものヤツよりちょっと良い」というもので、G4クラスの商品を作成するところからスタートいたしました。
このコンセプトは「贅沢なものは出せないけれど、来客に対してちょっとしたおもてなしをしたい」というエチオピアの伝統儀式・コーヒーセレモニーに通ずるものでもあるため、“The Ceremony”というブランド名を冠しております。
その後、G1クラスでも同様に村単位のステーション縛りを設けることで、毎年安定した品質をお届けすべく、G1クラスのスペシャルティ帯にも応用し他商品でございます。

農園指定などを行い、ピカピカで何千円もするトップスペシャルティにこだわるのではなく、比較的に価格をおさえながら、ひと工夫することでほんの少し品質が良くなるという新たな価値を提供する商品として、村単位で精選所を縛り、各村から取り寄せた代表ロットをカッピング、買い付けロットを選定しております。

是非、弊社定番商品であるザ・セレモニーシリーズをお試しくださいませ。

もっと見る 矢印

本商品“The Ceremony”のコンセプトは、コモディティにちょっと手を加えるこの手法でお届けする「普段使いできるけど、いつものヤツよりちょっと良い」というものです。

このコンセプトは「贅沢なものは出せないけれど、来客に対してちょっとしたおもてなしをしたい」というエチオピアの伝統儀式・コーヒーセレモニーに通ずるものでもあるため、“The Ceremony”というブランド名を冠しております。

ピカピカの何千円もするスペシャルティにこだわるのではなく、価格をおさえながら、ひと工夫することでほんの少し品質が良くなるという新たな価値を提供する商品として、村単位で精選所を縛り、各村から取り寄せた代表ロットをカッピング、買い付けロットを選定しております。

原料を調達する村や精選所を指定することでより純度の高い豆を揃え、ロットによるブレをできるだけおさえ、安定的に調達するというトレーサビリティを意識した手法でございます。

もっと見る 矢印

この商品のレビュー

小売り

2024/01/27 23:05:13

サンプルで取り寄せましたが品質はあまり良くなかった。粒が小さく、粉っぽいイメージでした。焼き上がりの香りはやや弱いながら、発酵臭はきちんとありました。紛争続きで国内在庫が心配ですが、もう少し様子を見たいと思います。

もっと見る 矢印