【丸山珈琲】ボリビア エル・トラピーチェ農園 ジャバ ウォッシュド 5kgバキュームバッグ

原産国
ボリビア多民族国ボリビア多民族国
エル・トラピーチェ農園01.jpg
ペドロ・ロドリゲスさん.jpg
2018.08 ペドロ・ロドリゲスさん(カッピング).jpg
エル・トラピーチェ農園02.jpg
エル・トラピーチェ農園、フロリポンディオ農園周辺の景色.jpg
  • エル・トラピーチェ農園01.jpg
  • ペドロ・ロドリゲスさん.jpg
  • 2018.08 ペドロ・ロドリゲスさん(カッピング).jpg
  • エル・トラピーチェ農園02.jpg
  • エル・トラピーチェ農園、フロリポンディオ農園周辺の景色.jpg

丸山珈琲イチオシのボリビア産ジャバ種をご紹介いたします。

エル・トラピーチェ農園のあるサマイパタは、同じボリビアのカラナビ地域やユンガス地方に比べるとコーヒー生産地としては新興地域で、カラナビからは車で15時間ほどの距離にあります。
ベドロ氏とその家族が営むアグリカフェ・グループは、エル・トラピーチェ農園を含めて、このサマイパタに4つの農園を持っています。
エル・トラピーチェ農園は同じくアグリカフェ・グループに所属するフロリポンディオ農園に隣接しており、フロリポンディオ農園同様、このエル・トラピーチェ農園も美しい自然に恵まれています。同農園内に生えている自然の木々は樹齢100年を超え、多くはこの地域に特有のものです。

アグリカフェ・チームがサマイパタ地域での更なるコーヒー栽培用の土地を求めて初めてこの地を訪れた時、すぐに、これらの自然の木々との共存下でコーヒーを育てる考えが彼らの頭に浮かびました。
農園の名前の「トラピーチェ」とは、サンタ・クルス県でサトウキビから手作業で砂糖を抽出する際に伝統的に使われる道具のことです。
この農園の入り口のあたりから、かつての農園主がこの土地の木で作ったと思われる非常に古いトラピーチェが見つかったことからこの名前が付きました。

<丸山社長のコメント>
ボリビアのアグリカフェ、ペドロさんはコーヒー生産が縮小していくボリビアの中で果敢に投資をし、今まで産地として知られていなかったサマイパタでトップスペシャルティコーヒーの生産を始めました。
様々な品種とサマイパタとの相性を検証すべく実験をし、ジャバもそのポテンシャルを大いに発揮することがわかりました。
ダージリンやウーロン茶を思わせるフローラルなフレーバーと明るく繊細な酸の質が特筆すべき特徴です。

Coffee DATA

地域 サンタクルス県
認証 -
規格 Plantation A
業態 エステート
品種 ジャバ
標高 1,398~1,667m
栽培面積 18ha
生産量 -
収穫期 5月~9月
スクリーン -
パッキング 5kgバキュームパック紙袋
加工方法 ウォッシュド
乾燥方法 機械乾燥
クロップ年度 2019年クロップ
備考欄 丸山珈琲とのコラボ商品となります。特別商品のため、在庫限りでの取り扱いとなりますことご了承ください。
TOTAL : 87.50pt
カップ評価

Qグレーダーのカップ評価

【丸山社長のCOE基準による評価】
Clean Cup 6
Sweetness 6.5
Acidity 6.5
Mouthfeel 6.5
Flavour 6.5
Aftertaste 6.5
Balance 6.5
Overall 6.5

コメント:
スイートシトラス、フローラル、ブラウンシュガー、ミルクチョコ

ログイン後、購入可能になります。

この商品のレビュー

レビューはまだありません。