【アウトレット】 パプアニューギニア トロピカルマウンテン

原産国
パプアニューギニア独立国パプアニューギニア独立国


この度、パプアニューギニアのコーヒー産業の政府機関である
"Coffee Industry Corporation LTD"(通称CIC) と共同で、弊社オリジナルアイテム【Tropical Mountain®】を作りました。

このプロジェクトは、2008年に【Tropical Mountain®】を商標登録したところから始まりました。

最初は「○○マウンテン」というアイテム欲しさに、響きが良さそうという観点で「トロピカルマウンテン」と名づけました。

ただ、名前先行であったため、ではどこの産地のアイテムにこの名前を冠するかが決まっていなかったのです。

何度も議論を重ね、Tropical=「南国」、「フルーツ」というイメージから、南国でフルーティーなコーヒー豆の産地であるパプアニューギニアに決定しました。

規格を作るにあたり、弊社単独で行うよりも、政府機関であるCICと共同で開発を行っていくほうが、ブランドが大きく育つと考え、共同開発を行ってきました。

もちろんネーミングだけの商品ではありません。品質にもこだわって作っています。

国の機関であるCICがお墨付きを出す以上、同団体も妥協したものを作れません。

カップを安定させるため、外部団体に品質検査を委託し、その基準をクリアしたものだけが入札資格を受け、最後に弊社でカップし、買付ロットを決定致します。ダブル検査を経ることにより、品質を安定させています。

最高のカップを作り出すべく、弊社とCICで取り決めた厳格な「規格基準」もあります。

ⅠPSCグレード、Ⅱ標高1500m以上・・・etc

あえて取り組む輸出業者を決めうちせず、CICが主催する入札制度による買い付けとしたのは、弊社・CICのこの取り組みに賛同してくれる業者であれば誰でも公平に参加できる仕組みをつくりたかったためです。

そうすることにより、現地の輸出業者間で切磋琢磨してくれ、ひいてはそれがパプアニューギニア産コーヒーの品質向上の底上げにつながり、それに見合った価格での安定買い付けを行うことで生産者の意欲向上を促したいという意味合いもあります。

弊社が架け橋となり、生産国と消費国それぞれに新たな価値を生み出そうというのが、このトロピカルマウンテンの開発に至った意義です。

また、トロピカルマウンテンが広く皆様に伝わるよう、ロゴマークも考案しました。

商品名にもなっている「山」。そしてたくさんのコーヒー豆が収穫されている様子を、山頂からコーヒー豆を噴火させることで表現しています。

また民族模様を連想させる柄を山に入れることで、「秘境地の山から届いた豆」を表しています。

南国の秘境から届いた「おいしいコーヒー豆」というイメージにぴったりのロゴマークだと考えております。

CICと兼松が自信を持って今回ご提供する、トロピカルマウンテン。
是非お楽しみください。

<買付担当者のコメント>
皆様をだいぶお待たせしてしまい、誠に申し訳ありません。
この国とのやりとりは本当にうまくいきません。契約書をただの紙としか思ってません。
ただ、この国のコーヒーはおいしいです。これがこの国のずるいところです。
おいしいコーヒーを安定的に供給出来るよう、引き続きがんばります。

(野口智也)

Coffee DATA

地域 パプアニューギニア
認証 -
規格 -
業態 -
品種 ティピカ、他
標高 1,500m~
栽培面積 -
生産量 -
収穫期 5月~7月
スクリーン 15up
パッキング 60kg麻袋
加工方法 ウォッシュド
乾燥方法 天日・機械乾燥併用
クロップ年度 2018/19クロップ
備考欄 クロップ落ち

ログイン後、購入可能になります。

この商品のレビュー

レビューはまだありません。