パナマ グラン・デル・バル ゲイシャ 5kgバキュームパック

原産国
パナマ共和国パナマ共和国

歴史に裏付けされた由緒正しき農園、グラン・デル・バル。
グランデルバルとは、Granがスペイン語で大きい、偉大といった意味があり、Del Valは農園主のラストネームとなっております。

パナマシティーから国内線で1時間ほどのBoqueteエリアにある農園です。Bouquetエリアは、パナマコーヒーの8割ほどを生産するエリアです。
Baru火山を中心とし、その周りに多くの優良農園が点在しております。

グランデルバル農園は“Finca Gran Paraiso”と“La Fortuna”に分かれます。弊社が御提供させて頂いておりますグランデルティピカは、“Finca Gran Paraiso”のコーヒー豆となっております。
両農園合わせると、おおよそ180haほどとなり、生産量は1,000袋ほどであります。ウエット/ドライミルは全て“La Fortuna”で行われています。
乾燥場は、屋外の可動式パティオ、ビニールハウスがあり、更にドラム式乾燥機も完備しております。天候、湿度、水分値に合わせて最適な乾燥方法を採用し、処理を行っております。
Gran Paraisoは全体で80haあり、その内15haでコーヒーを栽培しています。品種はティピカ70%、カツーラ、カツアイで30%未満、その他ゲイシャなどを植えています。
生産量は年間550袋ほど。ティピカは350袋ほどとなっています。ゲイシャの生産量は30袋ほどとなっております。

グランデルバルの歴史は、100年以上前にさかのぼります。

1880年エンジニアをしていたJoseph De Dianous氏が、故郷のフランスからパナマ共和国にパナマ運河の建設のために移住したところから始まります。
彼の息子のGabriel de Dianous氏が、1914年にBoqueteエリアの“Majo Mono”(サルが来る)という場所の土地を購入し、コーヒー農園の運営を開始しました。
その土地をGabriel氏の奥様の名前にちなんで“Finca Gladys”と名づけました。

その後、1991年にGabriel氏の娘である、Teresita de Dianous女史 とその旦那のRicado Fecardo Fernandez氏が”Finca Gladys“を引き受け、更に1993年に”Finca Gran Paraiso”(グレートなパラダイス)も取得。この時同時に”Cafetalera Fernandez”を設立しました。グランデルバルは輸出商品の名前であり、農園の名称は”Cafetalera Fernandez”となります。
更に1990年の終わりにBaru火山の標高1500mに位置する“La Fortuna”(運命)農園を取得し、現在の農園の形となりました。
農園を大きくしたRicado Fecardo Fernandez氏は、もともと医者で進駐軍に混じって、日本、香港などアジアを回っていました。日本には長崎に一年ほど住んでいたとのことです。

是非、グランデルバル農園産コーヒー豆をお楽しみください。

買い付け者コメント
パナマ人のコーヒー消費量は非常に多く、自国生産量の80%を国内消費となっております。
残りの50%ほどは米国に輸出されており、日本に輸出されている量はほんのわずかです。
パナマコーヒーが高価格なのもうなずけます。
そんな希少なパナマコーヒー、是非お楽しみください。

Coffee DATA

地域 パナマ ボケテ地区
認証 -
規格 -
業態 エステート
品種 ゲイシャ(100%)
標高 1,280~1,600m
栽培面積 180ha
生産量 1,500袋
収穫期 11月~2月
スクリーン -
パッキング 5kgバキュームパック紙袋
加工方法 ウォッシュド
乾燥方法 機械乾燥
クロップ年度 2019/20
備考欄 ご好評につき完売いたしました。<br /> 次回入荷は未定ながらも継続買付いたします。
TOTAL : 85.00pt
カップ評価

Qグレーダーのカップ評価

すがすがしいジャスミンの様な香り、ストロベリーの程良い甘さと酸味、完熟に至るやや手前。ゲイシャとしては淑女の様なたおやかさを持ったややこじんまりとした出来。【2020.10.01】

ログイン後、購入可能になります。

この商品のレビュー

レビュー(全9件)
おすすめレベル ★★★★

このところゲイシャリクエストが多いため20㎏購入しました。
粒が大きいゲイシャですね。
シティーローストの感想ですが
抽出後の香りが少し弱めです。ですが口に広がる風味がカバーしてくれます。
悪いところを見つけるのが難しいくらい優等生な豆でした。
ゲイシャにしてはお安いので満足です。

東京都 量販・小売

いただいたサンプルの残りをお客様にも試飲いただきましたが概ね好評でクオリティの高さを感じられるゲイシャです。ただ、酸にパナマの一流どころのような華やかさがないので地味な印象です。すぐに欲しいと感じる豆ではないですが他のゲイシャ在庫との絡みでどこかで少量はいただくと思います。

三重県 量販・小売
おすすめレベル ★★★

一ハゼ完了後すぐに焙煎を終了し、軽めに焙煎しました。(見た目は、他の豆より黒っぽくなっていました。)
フルーツ系の酸味で、他の豆とは異なる味でした。コーヒーらしい味は弱く感じます。これを、エスプレッソで入れるとうまいです。(一度投稿したのですが) 余談 上記のローストで、エスプレッソ用に引くと、豆の比重が他と比べ随分と大きい(重い)。味的には★4 価格を含めると3

神奈川県 量販・小売
おすすめレベル ★★★★

サンプルをSCAAの#55と#65の中間位で焙煎。華やかな酸味を実感できました。ペーパードリップだとコクが足りないように感じましたが、少し細かく引いて濃く入れれば美味しかったです。エスプレッソは最高です。常時販売するには高すぎると思います。

神奈川県 開業準備中
おすすめレベル ★★★★

サンプルを頂いてミディアムローストでの焙煎。焙煎3日後の試飲では十分にゲイシャライクな柑橘系の華やかさあり、ハッとする程の印象は無いもののクリーンなカップで飲みやすいゲイシャです。

三重県 量販・小売
おすすめレベル ★★★★

サンプルローストで蒸らしのタイミングが難しい。香りはパナマゲイシャの華やかさがあり、ゲイシャのコクもGood!もう少し甘味が欲しいと感じました。価格帯からすると、お客様が限定されてしまいますが、インパクトとしては・・・。異なる焙煎度での風味の広がりを見たいですね。

山梨県 焙煎業者
おすすめレベル ★★★★★

煎りあがりからレモネードのような香りが漂う。油が浮かない程度、かなり深めまで煎っても中米のゲイシャ種の特徴はしっかり持っていると思いますが、大粒の豆で熱が入りにくい為、少量焙煎では蒸らしの工夫が求められる。うまく熱を入れボディ感や甘さを出せれば、強いアシディティとまとまって美味しいと感じる。イルガチェフェの数倍の価格という事を考えると、ゲイシャ種として提供していく事業形態が求められると思います。

広島県 量販・小売
おすすめレベル ★★★

いまいちインパクトが掴めない。香りは確かに良い。深く焙煎してしまったせいかあまり納得出来ない味でした。再度サンプル頂いてハイシティで煎止してむます。

沖縄県 焙煎業者
おすすめレベル ★★★★

少量の焙煎で少々判断しづらいが、香りはとても良くインパクトはあると思う。酸味と甘味がもう少しあると勧めやすい。

栃木県 コーヒーショップ