Coffee Networkをご利用の皆様

平素よりCoffee Networkをご利用いただきありがとうございます。
今回のコラムではエチオピアより単一農園2商品のご紹介です。
現在販売中のThe Ceremonyシリーズよりさらに縛りを強化し、単一農園まで絞り込みました上級商品、
Royal Ceremonyシリーズを新たにご紹介いたします。

【エチオピア イルガチェフェG1 Almaz Mengesha農園】

エチオピアより、数十種の中から選定を行った選りすぐりの単一農園、Almaz Mengesha農園をご紹介いたします。
通常は精選ステーションを厳選し、品質に安定性を持たせたThe Ceremonyシリーズをご案内しておりますが、
更に縛りを強化し、単一農園まで絞り込みました上級商品群、Royal Ceremonyシリーズの登場です。

第一弾としてご紹介するAlmaz Mengesha農園は、兼松オリジナルの単一農園を開発すべく、
信頼のおける輸出業者よりサンプルを依頼、数十種のカップを行い、厳選した農園でございます。
エチオピアの首都アディスアベバの南に位置するイルガチェフェ地区、日本のみならず
スペシャルティコーヒー市場を牽引するアメリカのシアトルやポートランド等でも人気の高い地域です。

エチオピアは区画の名前が複雑で、県(Zone)、郡(Woreda)、村(Kebele)などの独特な行政区分がありますが、
Gedeoゾーン Gedebウォレダ Chelcheleケベレのさらに先、Kumudecha地域(locality)までトレースが取れた単一農園でございます。
ちなみにこの"Chelchele(チェルチェレ)"は、「山に囲まれた緑豊かな平地や畑、泉が湧き出ている土地」という意味、
また"Kumudecha(クムデチャ)"には、コーヒー栽培が始まるずっと以前に、この土地に生えていた
「荒れ地のとげ」にちなんでつけられた名前で、ゲデオ族の言葉が由来となっています。

農園主であるAlmaz Mengesha氏は4人の子を持つ母でありながら、彼女の父親や祖父母から代々続く家業を受け継ぎ、
品質の高いコーヒーを生産することに情熱をささげている女性です。
伝統的にコーヒー栽培者が多いGedeoゾーンの中でも、海外のバイヤーに直接販売するライセンスを与えられているのは、
一握りの1,250件程度の農家しかございませんが、Almaz氏も政府に認められた農家の一人です。
農園内には、WanzaやBirbira、 Keraroや Dokmaと呼ばれる地元の木々も生い茂り、
コーヒー栽培におけるシェードツリーの役割を果たしています。

そのような環境下で育ったコーヒーチェリーは12月~1月頃まで根気強く管理され、完熟した状態で摘み取られる
いわゆる「樹上乾燥」の伝統的な精選方法で収穫され、はるばる日本まで届けられます。

画像1.jpg

(写真1 Almaz一家)


彼女の血統であるゲデオ民族は、コーヒー栽培に特化した民族です。
エチオピアの他州とは異なり、ゲデオ族が栽培するコーヒーは平均2〜3ヘクタール程度の裏庭で栽培される小規模なものです。
そのため、人とコーヒーの木や豆への愛着はとても大きく、生活の一部であるため、
全ての工程に抜かりなく手間をかけることができ、高品質なコーヒーを栽培することができます。
また、Almaz氏は何世代にもわたって代々受け継がれた伝統的な生産方法や管理方法を駆使し、
農薬や化学肥料は一切使わず、高品質かつ100%オーガニックのコーヒーを作り上げます。

今回は試験的に20袋のみを入荷しております。
原料を調達する村や精選所を指定することでより純度の高い豆を揃え、ロットによるブレをできるだけおさえ、
安定的に調達するというトレーサビリティを意識した手法を取り入れたThe Ceremonyシリーズに
さらなる奥行きをもたらせた、ナチュラルらしいベリー感の中に、バランスとクリーンさを兼ね備えました
新たにご紹介するRoyal Celemonyシリーズ。
気品あふれる、洗練されたモカフレーバーを是非お楽しみください。

【エチオピア シダモG1 ニグセ・ゲメダ・ムデ農園】

昨年よりご紹介を開始した、2020年にエチオピア最初のCOE(カップ オブ エクセレンス) で、
栄えある1位を受賞した生産者「ニグセ・ゲメダ・ムデ氏」がお届けするシダモG1 21/22クロップのご紹介です。

画像2.jpg

(写真2 COE受賞時のニグセ氏)

継続して良質なロットを生み出せる素晴らしいポテンシャルを持っている生産者を日本市場に紹介し、
生産者にとっての安定的な市場を作っていくことも商社の使命と捉えておりますので、
将来性を秘めた農園とのサステイナブルな取引を続けて参りたいと考えております。

昨年と比べ、価格が大幅に上がってしまいましたものの、弊社も輸入ロットをカッピングし、
本年度も続けて皆様にご紹介したいと購入を決断した商品でございます。

21/22クロップのニグセ・ゲメダもぜひお試しくださいませ。

また価格をおさえながら、比較的良い品質を実現したThe Ceremonyシリーズより、
イルガチェフェG1 ウォッシュド/ナチュラル、カッファG1も同時販売しておりますので合わせて是非お試しくださいませ。

引き続きCoffee Networkをどうぞよろしくお願いいたします。

   

COFFEE NETWORK(兼松株式会社)