Coffee Networkをご利用の皆様

平素よりCoffee Networkをご利用いただきありがとうございます。
先月のエチオピア、インドネシアに引き続き、中米より続々と定番商品が入荷しております。
今後の予定と併せて、入荷商品のご案内をいたします。

<グアテマラ アルト・デ・メディナ農園>

グアテマラ アンティグア地区より、毎年ご好評いただいておりますメディナ農園入荷です。
昨年は大好評につき、弊社の予想をはるかに上回るスピードにて完売、
半年近く欠品しており多大なご迷惑をおかけいたしました。
同21/22クロップでは定番商品であるウォッシュドとナチュラルを同時販売しております。
例年同様、みなさまに使いやすくご利用いただけるように30㎏麻袋でのご案内です。

昨年と比べると、酸味が大人しめながら、確かな香りのよさと
アフターのクリーンさが際立つさわやかなロットでございます。
特に、ナチュラルにおいては昨年20/21クロップのナチュラル精選において、
第7回アンティグア地方のリージョナルコンペで1位に輝くという受賞歴もございます。

グアテマラでも最も有名な地域であるアンティグアにて1位を獲得する品質、
丁寧な製造からなる心地よい酸味をぜひお試しくださいませ。

<コスタリカ アキアレス農園>

こちらも昨年人気を博し、欠品と相成っておりましたコスタリカ アキアレス農園より
21/22クロップ新穀のご案内でございます。
アキアレス農園は、主に標高900m~1,400mの斜面一体に広がっておりますが、
日本向けに入荷するロットは、標高1,200m以上の区画のみを厳選し扱っております。

21/22クロップでは乾季である3月~4月に異常な降雨があり、開花が妨げられた影響で
チェリーの発育が十分に進まなかったことが大きな要因となり、
昨年比で収穫量が40%減となってしまう厳しい事態に陥っております。

一方で収穫にかかるコストは肥料高騰などの様々な要因の中むしろ若干上がっており、
営農コストを賄うための重量あたりの単価は上昇、さらに円安も相まって値上げが避けられない状況です。
皆様にはご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

そのような中、購入量は限られたものの、長年取引のある日本向けの在庫を最優先に確保して頂き、
皆様にお届けすることができております。
本年度は同農園より、定番商品であるウォッシュドに加え、さらに上層部である、標高1,350m以上の
ほんのわずかな区画のみでとれるチェリーを厳選した特別商品「アキアレス農園 リザーブ」も
同時販売しておりますので、こちらも合わせて是非お試しくださいませ。

<今後の出品スケジュール>

また、8月~9月にかけても定番商品、新商品が続々入港して参ります。
更に、ここ数年兼松では取り扱いがございませんでしたエチオピア以外のアフリカや
中南米での開発を進め、随時皆様へお披露目できる予定でございます。

今後入荷予定の商品も以下おまとめいたしましたのでご参考ください。

  • 8月上旬 : コロンビア モンテブランコ農園 ゲイシャ+特殊精選商品
  • 8月中旬 : グアテマラ サン・セバスティアン農園 ウォッシュド
           グアテマラ サント・トーマス・パチュージ農園 ウォッシュド
  • 9月頃 : メキシコ エルピラール農園 ウォッシュド(新商品)
  • 10月頃 : ケニア カムンドゥ農園(RA認証) ウォッシュド(新商品)

      

※ブラジル ダテーラ農園にて早くも定番商品で完売するロットあり、大変申し訳ございません。
次回入荷は目下収穫が進んでおります22/23クロップの精選・出荷準備ができ次第でございます。
極力年明けごろには輸入できるよう最善で動きますが、今後の進捗については随時メルマガでご連絡致します。

※弊社のみならず、日本国内で全般的に中米のスペシャルティ系生豆の入荷が少ない状況下、
どの製品も急速に在庫が少なくなる場合がありますこと、あらかじめご了承くださいませ。

ご理解の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

今後ともCoffee Networkをどうぞよろしくお願いいたします。

COFFEE NETWORK(兼松株式会社)