Coffee Networkをご利用の皆様

平素よりCoffee Networkをご利用いただきありがとうございます。
今回は試験的に取り扱いを行いますカフェインレス豆のご紹介、
またブラジルコモディティ商品の値下げ、今後の商品入荷情報に関しましてお知らせいたします。

【ブラジル ダテーラ農園デカフェ入荷のお知らせ】

昨年夏ごろに完売となって以降、当サイト内で欠品が続いておりましたカフェインレスコーヒー豆に関しまして、
国内デカフェ加工の豆を新たに取り扱うことといたしました。
とはいえ、国内加工のデカフェは弊社が元々依頼しておりました海外加工のスイスウォータープロセスや、
マウンテンウォータープロセス加工賃が大幅に上がるため、今回は少量での試験的商品とさせて頂きます。

継続的に納入を行うかは完全に未定でございますので、ご了承くださいませ。

現在在宅勤務が普及し、おうち時間が増加した影響もあってか、
日本のみならず、世界的にカフェインレス珈琲の需要は高まっており、
上記2精選を行う企業に関しても加工だけで8か月待ちとの話も出ております。
加えて、物流状況も依然として芳しくなく、従来の2倍近い時間を要しており、
日本に到着するまで約1年を要する可能性もある状況です。

そのような中、弊社では三重県にございます、日本で唯一国内デカフェ加工を行っている企業様に
試験的な加工依頼を行い、今回お披露目とさせて頂きます。
こちらの企業では「超臨界二酸化炭素抽出法」という加工法を採用しております。
こちらの方式では、どの工程でも一切薬品を使わずに超臨界状態の二酸化炭素のみを用いて、
コーヒー生豆からカフェインを除去するため、人にも環境にも優しい加工方法です。

今回キーワードとなる「超臨界技術」とは、ある物質から特定の成分を抽出・分離するための技術です。
温度と圧力をかけて液体でも気体でもない超臨界状態にした二酸化炭素をコーヒー生豆に接触させ、
カフェインを抽出します。
具体的には科学的で難しい技術ではあるのですが、超臨界状態の物体は、
液体と気体の両方の性質を兼ね備えているため、物質の隅々までいきわたる気体の拡散性と、
成分を溶かし出して運ぶことができる液体の溶解性という2つの性質を利用しているそうです。
さらに使用した二酸化炭素からも特殊技術でカフェインを除去し、再利用することも可能とのことです。

何より10時間以上水に浸してカフェイン抽出を行うスイスウォータープロセスとは異なり、
カフェイン以外のコーヒー豆の成分が抜けにくい加工方法なので、風味の抜け具合が格段に異なります。
兼松でカッピングを行った際も、本当にデカフェかと疑う程でございました。
ちなみに、今回販売する商品のカフェイン除去率は、以下の通り96%でございます。

画像1.png

おまとめしますと、本商品を使用するメリットは以下の通りです。

  • 香り、味が抜けにくく、豆本来の風味を比較的保ちやすく、美味しいコーヒー豆を作れる
  • 薬品を一切使用せず、人体に優しい加工方法である
  • 国内加工であるため、輸送日数が大幅に削減でき、通常の豆に比べ劣化の早いデカフェ豆の品質を保ちやすい環境を構築できる
  • スイスウォータープロセス、マウンテンウォータープロセスとは異なり、大量の水を使用しないため環境への負荷も少ない。

使用する二酸化炭素も工場内で排出されたものを循環し再利用する徹底ぶり

冒頭にも申し上げた通り、加工賃が高いため若干お値段が張ってしまう商品ではございますが、
カフェインレス豆をお探しの皆様、数量限定での試験入荷ですので是非一度お試しくださいませ。

【一部商品の価格改定】

商品相場、及び円安の影響で、最終価格も上がっており、皆様にはご迷惑をおかけしていることかと存じます。
そのような中、弊社としても皆様にできうる限りお買い求め易い価格でご提供差し上げたく、
相場連動商品特有の先物のオペレーションを駆使し、以下商品のコストを下げることに成功いたしました。

皆さまにもこちら還元すべく、以下3商品に関しまして値下げを行います。


これからも皆様にお買い求めいただきやすい価格でのご提供を行えるよう尽力して参りますので、
引き続きよろしくお願いいたします。

【商品情報】

今後の商品入荷予定につき以下を予定しております。
船舶遅れ等が生じ、予定通りに進まない可能性もございますためご参考までにご確認くださいませ。

<6月初旬 出品予定>

<6月中旬~下旬>

また、以下小分け商品も国内小分け作業完了次第、6月初旬をめどに販売予定です。
軽量タイプをご利用の皆様も今しばらくお待ち頂けますと幸いです。

引き続きCoffee Networkをどうぞよろしくお願いいたします。

   

COFFEE NETWORK(兼松株式会社)