Coffee Networkをご利用の皆様

平素よりCoffee Networkをご利用いただき誠にありがとうございます。
今週のコラムでは、今後予定している新穀生豆の入荷時期をご紹介いたします。

【今後の新穀入荷予定に関しまして】

今後予定をしております新穀の入荷に関しまして、現在あるカレントクロップの在庫状況と共にお伝えいたします。
現在完売しております商品も多数あり、皆様にご迷惑をお掛けしておりますこと誠に申し訳ございません。
入荷したものから随時コラム・メルマガにてお知らせしていきますので今後とも是非ご注目下さいませ。
尚、商品をお気に入り登録して頂きますと、在庫確保できた際にメール通知が届きますので、
よろしければご利用くださいませ。

<4月>

コロンビア ウィラ県エルプログレソ農園 カトゥーラ フルウォッシュ

弊社自身も入荷を楽しみにしていた新商品でございます。
ウィラ県の南部にある農園で、様々な精選方法を意欲的に行う若きコーヒー生産者
ロドリゴ・サンチェス氏が手掛けた、伝統的なフルウォッシュです。
チェリーのパルピングの仕方、パーチメントの発酵時間や発酵温度など、革新的な精選に取り組んだからこそ
たどり着くことのできた王道のフルウォッシュを、ハイブリッド種ではなく、カトゥーラ種で実践しました。
まさに正統派のザ・コロンビア産アラビカと言える商品です。

4月12日週より出品予定ですので、今しばらくお待ちくださいませ。

コロンビア FNCオークションロット トリマ県 ウィルマ―・カルデロン

こちらも新商品・完全数量限定品でございます。
FNCが昨年実施した第5回オークション(オンラインでの入札は初めて)に弊社でも初参加して落札したロットです。
トリマ県の小さな農家から届けられた、伝統的なフルウォッシュの、クリアさが非常に際立つ商品です。

同じく4月12日週より出品予定ですので、今しばらくお待ちくださいませ。

<5月>

エチオピアイルガチェフェG1 ザ・セレモニー ウォッシュド ナチュラル

現在、19/20クロップは欠品しており、大変なご不便をお掛けしております。
お待たせしております新穀20/21クロップは、5月連休明け~半ばごろに入荷次第、すぐに出品致します。

パプアニューギニア トロピカルマウンテン

本商品も大変お待たせしております。20/21クロップの収穫の
本当に走りのロットが5月下旬ごろの入荷を目指し、現地からの出港準備を進めております。 

コロンビア メサデ・ロス・サントス農園 (JAS有機認証)

現在販売中の19/20クロップは、新穀20/21クロップの入荷まで欠品予定なくご案内できる予定です。

  https://www.coffee-network.jp/products/detail.php?product_id=516

待望の新穀では、これまでの伝統的なフルウォッシュのみならず、
農園が今年初めて着手したアナエロビック・ナチュラルも数量限定で入荷予定です。
こちらも実験的入荷品として、ご期待くださいませ。

<6月>

コスタリカ アキアレス農園 (RA認証)

19/20クロップについては、正袋(30kg)は現在欠品中でございますが、
20kgの軽量タイプのみ、まだもう少し在庫がございます。

https://www.coffee-network.jp/products/detail.php?product_id=444

20/21クロップについては、ただいま船積み予定ロットの最終チェックの段階で、
うまく進められれば6月中下旬ごろの入荷予定を見込んでおります。

通常取り扱ってきたウォッシュトに加え、最高標高区画のみ厳選したリザーブ・ウォッシュト、
アナエロビック・ナチュラル、パーチメント発酵時にコーヒーの花を添えた
新たなウォッシュトなど、複数ラインナップを取りそろえる予定です。

<7月>

グアテマラ サント・トーマス・パチュージ農園

19/20クロップの在庫は、このままの出荷ペースでいくと、
4月いっぱいあたりで欠品となってしまう見込みでございます。
御入用の際は、急ぎお買い求めいただけますと幸いです。

https://www.coffee-network.jp/products/detail.php?product_id=21

20/21クロップについては、通常のウォッシュトに加え、
区画指定・精選方法にひと手間を加えたリザーブ・ウォッシュトの復活をめ目指し、
通常品と比べてしっかりとした差を生み出せているか、現地からのサンプルをこれから確認するところです。

早くて7月の入荷を見込んでおります。

以下、上記内容を一覧にまとめておりますので、ご参照くださいますよう、お願い致します。

画像1.png

新商品および、新クロップ入荷の際には随時詳細と共にお伝えして参ります。

引き続き、Coffee Networkのご愛顧くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

COFFEE NETWORK(兼松株式会社)