Coffee Networkをご利用の皆様

平素よりCoffee Networkをご利用いただき誠にありがとうございます。
今回のコラムでは今週より発売となりました新商品2点をご紹介させて頂きます。
数量限定の商品もございますので、ご興味ある皆様、是非お試しくださいませ。

【インドネシア リントンニフタ地区 マンデリンG1 ~バタクの恵み~】

インドネシアより、熟練の農家が産み出す品質にこだわり抜いたマンデリンのご紹介です。
インドネシアスマトラ島北部にあるトバ湖の南西端に位置しているリントンニフタ地域、
標高は1400〜1450mで皆様もご存じの通り昔から輸出業者の間でも優良産地として知られている地域です。

しかしマンデリンの栽培はほとんどが小農家のため、栽培方法、乾燥方法、保存方法が各農家で異なり、
品質の安定化を図るのが難しいコーヒーのひとつでした。

その中でも今回ご紹介いたします「マンデリンG1 ~バタクの恵み~」は
主に未亡人となった熟練の女性達が運営する200軒もの小規模農家で構成された団体から調達する
トレーサビリティ性に加え独自の品質規格設定することで品質の安定性を図っております。

小農家全体から収穫されるコーヒーは年間およそ1,800袋ですが、
兼松として「バタクの恵み」に見合う規格と判断、出荷されるものとしては年間900袋と
生産量の50%に絞る厳選した良品となります。

今回の供給元であるDreyfus財団はGAP(農業生産工程管理)やアグロフォレストリープログラムに従事しており、
小農家団体の方はICCRI(インドネシアコーヒー&ココア研究開発センター)によって認定されたコーヒーの木から取れる豆のみを使用、農薬等の化学物質は一切使用していないといった品質への徹底ぶりです。

画像1.png

(栽培・収穫を営む小農家の方)


この素晴らしいコーヒーが世に出るきっかけとなったのは、生産者の息子の1人であるKardonという青年の存在です。
団体に属するピッカーたちはしっかりと熟したチェリーのみを収穫するように訓練されており
Kardonも最高のピッカーの一人として収穫を行います。
さらに乾燥のプロセスにも熟練しているKardonは温室やパティオを備えた乾燥を行う工場を運営しており、
そこで乾燥させることで、農家ごとの品質差異が出にくい工夫をしております。

こちらの商品ですが、麻袋に"Batak Nauli"という文字が印字されております。

バタク語で「バタクの地からの美しさ」という意味を持つ"Batak Nauli"は
同団体で生産されたコーヒーの総称でございます。
今回は弊社オリジナル性を強調し「バタクの恵み」として皆様にお届けいたします。

「バタクの美しさ」「未亡人の憂い」「美しきかなパンドゥマン村」「バタックナウリ」等
皆様の商品イメージに合わせた名称でご使用いただけますと幸いでございます。

画像2.png

(麻袋記載の文字・イラスト)

日中は30℃、夜は12℃という極端な温度差が、このコーヒーの「コク」を高め、
マンデリンらしいずっしりとしたボディ感とアーシーさは勿論のこと、
アフターにリントンらしいすっきりとした酸味を併せ持つ非常にバランスの良い納得のカップでございます。

インドネシアのメインクロップはご存じの通り10月~12月、
収穫したてのフレッシュな新穀である弊社自慢の新商品、是非一度お試しくださいませ。

  • インドネシア リントンニフタ地区 マンデリンG1 ~バタクの恵み~

https://www.coffee-network.jp/products/detail.php?product_id=548

続きまして待望の復刻となりますパナマ Cafetalera Fernandez農園より、大変希少なゲイシャ種のご紹介です。

【パナマ グラン・デル・バル ゲイシャ】

スペイン語で大きい、偉大といった意味を持つGranと農園主のラストネームDel Valから名付けられたこのグランデルバルは
100年以上の歴史を誇る由緒正しきCafetalera Fernandez農園自慢の商品です。

首都パナマシティーから国内線で約1時間、Baru火山を中心とするBoqueteエリアにこの農園はございます。
標高は1300m以上で、肥沃な黒土の土壌と多くの木々が生い茂る自然豊かな農園です。

昔からボケテ地区には多くの優良農園が点在しており、パナマコーヒーの約8割はこの地域で生産されたものです。
とはいえパナマ人のコーヒー消費量は非常に多く、自国生産量の7~8割を国内消費、
残り20%の半分は米国に輸出されており、日本に輸出されている量はほんのわずかしかございません。

この農園の歴史は遡ること約140年前、1880年エンジニアをしていたJoseph De Dianous氏が、
故郷のフランスからパナマ共和国にパナマ運河の建設のために移住したところから始まります。

彼の息子のGabriel de Dianous氏が、1914年にBoqueteエリアの
"Majo Mono"(サルが来る)という場所の土地を購入しコーヒー農園の運営を開始、
その土地をGabriel氏の奥様の名前にちなんで"Finca Gladys"と名づけました。

時は進み1991年、Gabriel氏の娘である、Teresita de Dianous氏 と
その夫のRicado Fecardo Fernandez氏が"Finca Gladys"を引き受け、
更に1993年には"Finca Gran Paraiso"(グレートなパラダイス)という区画も取得。
この時同時に農園名にもなっている"Cafetalera Fernandez"を設立しました。

更に1990年の終わりにBaru火山の標高1500mに位置する"La Fortuna"(運命)区画を取得し、
現在の農園の形となりました。

農園を大きくしたRicado氏は、もともと医者で進駐軍に混じって、
日本、香港などアジアを回っており、長崎に一年ほど住んでいたとのことです。

画像3.jpg

(Teresita de Dianous氏とその夫のRicado Fecardo Fernandez氏)

"Finca Gran Paraiso"と"La Fortuna"の2区画から構成されているこの農園ですが、
今回弊社がお届けするグランデルバル ゲイシャは、"Finca Gran Paraiso"区画で栽培されたコーヒー豆となっております。

両区画を合わせると、おおよそ180haほどとなり、生産量は1,000袋ほどであります。
精選はウエット/ドライミルがある"La Fortuna"で行われています。

この農園は精選工程も非常に丁寧で、乾燥場には屋外の可動式パティオ、ビニールハウスに加えドラム式乾燥機も完備。
天候、湿度、水分値に合わせて最適な乾燥方法を採用し、処理を行っております。

Gran Paraisoは全体で80haあり、その内15haでコーヒーを栽培しています。

栽培品種はティピカ70%、カツーラ、カツアイで30%未満、ゲイシャの生産量は農園全体でも30袋程度しかございません。

高価ながらも長年の歴史と丁寧な栽培に裏付けされた希少なパナマのゲイシャを是非お楽しみくださいませ。

  • パナマ グラン・デル・バル ゲイシャ

https://www.coffee-network.jp/products/detail.php?product_id=249

引き続き、Coffee Networkのご愛顧くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

COFFEE NETWORK(兼松株式会社)