今週は、先日1月8日開催された「ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」発表会の模様と、収穫が本格化してきた2018/19クロップの見通しなどにつき、ご報告いたします。

【記念日告知イベント】

 毎年1月9日を「ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」に制定したのはすでにお伝えしており、また昨年9月のSCAJ展示会では、「ブルーマウンテンは勝ち豆」というコンセプトに基づき、ご来場いただいたん皆様にブルーマウンテンの新たな見せ方提案をして来ました。

 さかのぼること1967年、日本がジャマイカのコーヒー最大輸入国となった初年度の最初の日本向け貨物が現地キングストン港から出港されたのは1月9日で、その翌日の現地新聞のトップを飾るほど、ジャマイカにとっては重要な出来事となりました。それにちなんだ記念日を日本における「ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」に制定したわけですが、それを大変名誉なことと歓迎してくれたジャマイカ大使館、および現地のコーヒー輸出業界各社に協力を得まして、記念日制定から初の1月9日をこの2019年に迎えるに際し、前日の1月8日にジャマイカ大使館でメディアの方々を集めた記者会見を催しました。

1.png

 僭越ながら私・江藤は今回の記念日制定の旗振り役としてイベントの司会を務めさせていただきました。駐日ジャマイカ大使のリカルド・アリコック氏、ジャマイカコーヒー輸入協議会の上島達司会長、ジャマイカの輸出業者代表としてメイビスバンク社のノーマン・グラント氏、そして現地コーヒー生産者代表としてコーヒートレーダーズ社のジェイソン・シャープ氏より日本におけるブルーマウンテンコーヒーの重要性を語り、これからこの記念日がブルマン振興のきっかけになればと結び、会を終えました。

2.png

(左から、ジェイソン・シャープ氏、リカルド・アリコック大使、ノーマン・グラント氏)

 我々ジャマイカコーヒー輸入協議会は、あくまでもこの記念日を制定することを通じ、日々の営業でブルーマウンテンを提供・販売される事業者の皆様の後押しになればと願う立場であります。今年の1月9日はすでに終わってしまいましたが、来年2020年の1月9日には、より多くの方々が「本日はジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーの日」として販売促進されることを期待するばかりであります。

【産地状況】

昨年より収穫が開始されている2018/19クロップ。日本側での需要減退を背景に、昨年クロップでは現地チェリー相場が大きく崩れ、中にはピッカーを派遣してチェリーを収穫する方がコスト高であるという生産エリアもあり、樹になったチェリーを収穫せぬままに放置されてしまっている状況。落ちて腐ってしまったチェリーは虫が卵をつける温床となり、部分的に虫害が発生しているところもある様子。更に今年の序盤も現地相場は引き続き低迷しており、積極的にチェリー収穫は進んでいないとの話もあります。

18/19クロップでは、樹になっているチェリーの量だけを見ると生産量は平年並みの予想と言われていますが、実際にそれがどれだけ実輸出に回るのかはやや未知数。ようやく落ち着いた価格を安定させ、まずは需要を回復させたい輸出業者と、少しでも実入りを増やすべく相場の回復を期待する農家とのせめぎあいは、今のところ輸出業者側に軍配があがっているそうですので、2019年に入荷してくるクロップの価格が昨年より上昇することはなさそうです。ただ、現地相場の冷え込みが続くと徐々に生産量も落ち、また供給難の時代がやってくる可能性がありますので、そこは要注意です。

【価格・供給の見通し】

弊社の現時点での見解としては、、

*2019年いっぱいはもちろん、18/19クロップを販売するであろう2020年中ごろまで、供給の心配は一切無用。価格も多少下げられる場面があっても、上げなければならない場面はほぼほぼないであろう。

*一方の2020年夏以降は、やや不透明です。全くものがなくなるという事態を想像しなければならないほど悲観的になる必要はありませんが、モノ不足の可能性があるかもな、ということだけは心の片隅に置いていただく必要がありそう。

【COFFEE NETWORKでの取り扱い予定】

➀Blue Mountain No.1 Stoneleigh Factory "St.Clouds(セントクラウズ)農園"

→ 2017/18クロップを販売中。

  15kg樽入りの在庫は、残り10樽をきっております。なくなり次第一旦休売し、再開は次の18/19クロップ入荷の春夏ごろの見通しです。

一方で70kg樽の元在庫が十分にありますので、5kg入り袋は随時詰め替えし、継続販売致します。

②Blue Mountain No.1 Stoneleigh Factory "Cinchona(シンコナ)農園 ・Re-Discovery"

→ 試験的に輸入した17/18クロップは、ご好評のうちに完売致しました。18/19クロップでの継続性については現地と協議し、決定致します。

③Blue Mountain Select Fine Stoneleigh Factory

→ 2016/17クロップを販売中。元在庫の60kg麻袋の在庫も十分にありますので、5kg入り袋は随時詰め替えし、継続販売致します。

これからも在庫切れを心配することなく、安心して当社のブルーマウンテンをご利用くださいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

(兼松・江藤)