こんにちは!先日、【日本貿易会】教員の民間企業研修でコーヒーチームの取り組みを紹介しました。当会は、一般財団法人経済広報センターが実施するもので、東京都教育委員会に所属する教員の方々へ研修を行いました。コーヒーチームは数年前から本研修のお手伝いをさせていただいております。研修内容としては、①兼松の概要、②コーヒーチーム豆の輸入販売、③鉄鋼製品(油井管の輸出・加工・販売)についてです。私は今年から②を担当することとなりました。

紹介した内容としては、①コーヒー豆はどこで取れるか ②コーヒー豆が出来上がるまで ③当社の役割 ④当社の特徴です。コーヒーが消費者へ届くまでの工程を詳しく説明しました。生豆を実際に確認してもらい、普段触れることのない、匂いや感触に驚かれていました。また、ネットショッピングが盛んな現代でも、為替リスク・相場リスクや農薬リスクとコーヒーならではのリスクが散在しており、そこに商社の役割があることを説明しました。

会の最後に質疑応答を行いました。
質問内容として、高校球児に伝えたいことはありますか、髪型はどこで切っていますか等、ユニークな質問から、SDGsに関する取組み事例についての質問があり、熱心に話を聞いて頂けました。

以下、プレゼンの風景です。

講義中.jpg

先生.jpg 生豆.png

集合写真.png

このようなプレゼンは初めての機会でした。先生方に分かりやすく情報伝えられるよう準備したおかげで、弊員の知見を深められることができ、とても貴重な経験となりました。
今後もこういった活動を続けていき、兼松コーヒーチームの知名度を広めていきたいです。

兼松 古賀