①ブラジル/ダテーラ農園・デカフェ

今年の2月に発売を開始して以来、多くのお客様よりご好評をいただいております、ダテーラ農園のデカフェ(スイスウォーター式)。既に半年ほど経過して、初回生産ロットの在庫もだいぶ少なくなってまいりましたが、同時並行で、次のロットが入荷しました。

 初回ロットでは、デカフェ加工後の価格を極力おさえることに主眼を置き、ダテーラ農園でも最も安価なグレードであるNY2/3を使用しました。その結果、味の面では多少の渋みを、また外観の面では粒の小ささや、欠点など、いくつかのご指摘をお客様よりいただきました。

それを踏まえ、2回目のロットでは、価格をあまり上げ過ぎないことを目標としつつも、特に味の面での改良を重視し、使用する原料のグレードを少し上げました。具体的には、サンライズやスイートイエローなどを一部ブレンドし、味の幅を持たせつつ、クリーンさを向上させることにトライしています。ただ一方の外観面では、多少粒が大きいものが入ったとは言え、スクリーンサイズとして14~18のレンジでいろいろと混ざってしまっているような状態となり、ここはむしろ焙煎の難しさにつながりうる、改悪となってしまった感も否めません。

これに伴い、初回ロットの方は従来より値引き致し、2回目の新ロットと同時販売を開始致します。新ロットについては、カフェインレスの魅力をよりイメージしやすく、睡眠の妨げになることを心配することなく、日が暮れた時にこそ飲んでほしいという思いを込め、

「ダテーラ・サンセット」

と名付けて販売致します。販売形態は変わらず、60kgグレインプロバッグと、5kg真空バックの2種類です。前回ロットとも比較しつつ、是非ご検討ください。

商品ページはこちらから↓
ブラジル ダテーラ農園 サンセット(デカフェ)

sunset.jpg

②エチオピア/バガーシュ農園・デカフェ

 そしてもうひとつ。今回デカフェのラインナップに、新たにエチオピア・バガーシュ農園品を加えました。COFFEE NETWORKでもおなじみの、つい先だっては樽熟成の原料にも使用したカッファG1・サハマ農園のものをベースに、グジG1などもブレンド。ナチュラルの原料だけを使用した、初の試みとなるエチオピア。

こちらもダテーラ農園と同様、60kgグレインプロバッグと、5kg真空バックの2種類で展開していきますので、まずはサンプルのご用命から、是非ともお願い致します。

商品ページはこちらから↓
エチオピア バガーシュ農園 デカフェ


bagersh.jpg

(5kg品についてはこれから詰め替え作業となりますため、60kg品よりも遅れての販売開始となりますこと、ご容赦願います)

デカフェのラインナップについて、取り急ぎ年内はこのダテーラ農園、バガーシュ農園の2種類にて販売を行っていきます。今後その他の産地のものにまで拡大していくかは現時点では未定ですが、皆様からのご要望があれば、検討していきたいと思います。

(兼松株式会社・江藤)