2015年より兼松でコロンビアの産地買い付け担当を務めている、江藤でございます。

以前にもお伝えしましたとおり、今年3月、4月と立て続けにコロンビア産コーヒー生豆で厚生労働省の定める残留農薬基準違反事例があり、

5月より、日本に輸入されるコロンビア産コーヒー生豆はすべて、問題となった農薬成分「クロルピリホス」の検査を受け、基準値内合格を

確認しなければ輸入通関ができないという状況となっております。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000163736.html

この措置が決定してからも、さらに5月に2件ほどの農薬違反事例があり、国による命令検査体制は続いております。

以前のエチオピアのように「日本からモカが消える」というような極端な事態にまで発展してしまう可能性までには至らないとみておりますが、

輸入通関を行う前にこうした検査を行うことで、日本国内に新たな貨物が入ってくることに時間がかかっているのは事実であり、少しずつ、

日本全体でコロンビア産コーヒー生豆の国内在庫に品薄感が出てきております。

そんな状況化で今後弊社でのコロンビア産コーヒー豆の扱いについての直近の予定を更新致します。

<コロンビア北部>

①モンテシエラ農協 JAS有機・レインフォレストアライアンス認証

 6月より、2016/17クロップ新穀の扱いを開始しております。

 9月か、遅くとも10月にもう1回、16/17クロップのロットを追加入荷させる予定もありますが、

 それまでに一時的に在庫が薄くなるタイミングがある可能性もございます。

 次のロットでつないだ後は、10月以降に収穫を迎える2017/18クロップで継続取り扱い予定です。

 こちらは、早くても来年4月ごろの入荷を見込んでおります。

<コロンビア中部>

②単一農園/メサデロスサントス JAS有機認証

 ここ5年ほどは雨不足や病気の被害などで生産が落ち込んでいた農園で、ようやくその状況から回復基調にあり、2016/17年クロップのロット選定も完了し、現在航海中。

来週日本国内に入港してまいります。

 JAS有機栽培であっても、輸入前の農薬命令検査は必須ですので、入港後、通関完了まで2~3週間程度の時間を要する見通しですので、

 遅くとも、8月中旬ごろにはCOFFEE NETWORKでも販売開始できる予定です。

③サンタンデール県/ハイコマーシャル系新商品

 コロンビア最大手輸出業者であるFNCと連携し、彼らのコマーシャル系原料集荷のプログラムの中でも上位の原料選定基準に沿った商品を、

南部ウィラ県のモンターニャネバダと同じような価格帯のハイコマーシャルの位置づけで、試験販売を開始する予定です。

コロンビア中部のよりバランスあるマイルドなカップをもつ商品をめざしております。

 今週末に日本国内に入港してまいりますので、メサデロスサントスよりも1週間程度早い、8月上旬ごろには販売開始できる予定です。

初回入荷品の売れ行きやお客様からのご評価に応じ、今後の継続性を検討していく予定でおります。

<コロンビア南部>

④ウィラ県/モンターニャ・ネバダ

 引き続きお客様からご好評をいただくようになったこちらの商品。まだまだ1回のロット選定に時間がかかり、なかなか常時在庫を準備するような体制は作れておらず、ご不便をおかけしております。

この商品の原料集荷拠点であるウィラ県はコロンビアでも最大生産量を誇る地域で、年間2回の収穫期(10~12月収穫のメイン、4~6月収穫のミタカ)を迎えます。

昨年から数えて3回目のロット(16/17メインクロップ終盤の集荷)を販売中です。

こちらのロットも間もなく在庫終了となる見通しではありますが、その後の通算4回目のロット(16/17ミタカクロップ序盤の集荷)は、8月中旬に入港、

8月下旬から9月上旬にかけての販売開始予定となります。

 そして、通算5回目となるさらなる後続ロット(16/17ミタカクロップ終盤の集荷)の選定もこれから開始し、10月ごろまでには日本へ入荷させる予定です。

 それ以降は、17/18メインクロップを待たねばならず、6回目のロットは年明け3月~4月ごろの入荷へと続いていく形となります。

⑤ナリーニョ県およびカウカ県/ハイコマーシャル系新商品

 モンターニャネバダと同じ手法を用い、パートナーのBANEXPORT社とは新たにナリーニョでの商品作りを進めておりましたが、

隣接する同じ南部のカウカ県でも比較的良いロットが得られそうですので、ナリーニョとカウカ、それぞれでの開発を進めます。

 初回ロットの選定もそろそろまとまりそうですので、ナリーニョ、カウカともに9月ごろの初回入荷を目指して試験的導入を予定しております。

これも上述③のサンタンデールと同様に、初回入荷品の売れ行きやお客様からのご評価に応じ、今後の継続性を検討してします。

以上、COFFEE NETWORKでのコロンビアの今後の取り扱い予定を更新致しました。

今後とも皆様のお役に立てる生豆原料づくり、供給体制確保に努めてまいります。

(兼松・江藤)