こんにちは。入社1年目の山岡です。
入社から早くも10か月! どこに行っても自販機やコンビニのコーヒー、カフェのコーヒーメニューを自然とチェックするようになりました。

学生のころは、「コーヒーとは、お店や誰かの家で飲むもの」、というイメージだったのですが、 改めて見るとこんなにもコーヒーが溢れていたことに驚きです。

143-photo01.jpg 今までは海外に行ってもその国のビールのことばかり考えていた私ですが、 今回は視点を変えてコーヒーに注目して旅行に行ってきました。

そこで今回はセブ島のスーパーで発見したコーヒーをご紹介します!

行ったのは、マクタン島にあるガイサノ・マクタン。
日本でいう、イトーヨーカ堂やジャスコのようなモールです。

目的はもっぱらお土産のドライマンゴー(と自分用の缶ビール)だったのですが、 レジ近くにこんなコーヒーを発見しました!
BONCAFEとはスイス人が創業したロースターで、現在では東南アジアをはじめとする15か国に展開しています。

ここでは、好きなコーヒーを好きなだけ、その場で自分で挽けるようになっています。

日本では、自動販売機が自動で豆を挽いてくれたり、コンビニでも自分で淹れたりもしますが、 スーパーでレギュラーコーヒーを自分で挽くのはありそうでないですよね。

思えば、アメリカのスーパーでも見かけたことがあります。

誰かが挽いている現場に遭遇すると、なぜか甘―い香りが充満していたのを覚えています。

写真を撮っていたら店員に怪しまれ、残念ながらBONCAFEにはチャレンジし損ねたのですが、 セブ島のホテルやレストランで飲んだコーヒーやマキアートはどろどろに苦いか、とけそうなぐらい甘かったです。

143-photo02.jpg
143-photo03.jpg
日本のスーパーでも、このような売り場があればもっとレギュラーコーヒーを選ぶ楽しさが増え、 手軽に様々な種類が楽しめるのにな、と思いました。