ブラジルに行ってきました。定点観測の意味合いをこめて、毎年収穫時期にあたるこの時期に行っているのですが、とにかく今年は寒かった!
輸出業者の集まるサントスは港町なので、海抜ゼロメートルであることもあり、毎年25~30度くらいあるイメージだったのですが、小生が着いた時は15度!薄着で行ったため、難儀しました。

この寒冷な気候はクロップにも影響を与えており、各農園共に例年の半分程度しか収穫が進んでいないようです。
一説ではこの影響で、ブラジル全体では5-6百万袋程度は収穫減になるとの予想も。
しかしそれでも予想は52-53百万袋程度であり、ここ10年間では02/03cropに次ぐ生産量となる見込みです。大豊作の予想なのです。

我々がパートナーとして買い付けを行っている、Daterra農園にも行って参りました。
やはり収穫は遅れており、かつDaterraではブラジル全体と反対で、今年裏年にあたるので、収穫量は現段階では少ないものでした。
しかしながら、ここのプロセスの行程はいつ見ても素晴らしいものです。各選定の行程で如何に欠点を排除するか、そしてナチュラルかパルプトナチュラル、どちらが適しているのか、という事を本当に細かく分けていく行程は、一見に値するものであります。

以下に、彼らの品質向上システムである"PENTA SYSTEM"の概要を記します。

 <PENTA SYSTEM>
PENTA SYSTEMとはDaterraにおける品質管理全てを指す言葉であり、この行程を守る事で、ブラジル産コーヒーとしては稀有な品質を誇っている。
"PENTA"とは数字の「5」を表し、Daterraでは品質管理を下記5つに分けている。

1.Planting
大多数の他農園と違い、コーヒーを種から育てている。また農園内の土壌、気候、日照量など全てを調査し、Mini farmと呼ばれる110の区画に分け、その上でどの品種をどこに植えるかを決めている。

2.Harvesting
収穫が始まる1ヶ月前より、カッパーのCarlos氏がMini farmを更に細かく分けたクアドラと呼ばれる区画(4,000区画程度)毎にカップをし、収穫時期を細かく決定している。彼の年間カップ回数は、実に 14,000回にものぼる。そうして収穫されるチェリーは、他農園より遥かに完熟チェリーの比率は高い。また収穫後のチェリーを細かく選別する、 Daterraオリジナルのウェットミルの行程もここに入る。ナチュラルはウェットミルの段階で既に6段階、パルプトナチュラルは3段階に分けられる。

3.Drying
均一、かつ最適の品質になるよう、クアドラ毎の乾燥が行われる。ブラジル産にありがちな醗酵を始めとした、乾燥行程での欠点発生に関しては、前工程 Harvestingにて既にその原因が取り除かれているため、問題は起こりづらい。また合計50台の乾燥機を備えており、作業は遅滞なく進められてゆく。

4.Selecting
通常のサイジング、異物除去、比重選別等に加え、Daterra独自の4段階カラーソーティングにより、丁寧かつ厳密に、欠点が取り除かれる。(設備自体は企業秘密であるため、写真は非公開)

* Monochroソーター : 黒豆を取り除く
* Trichrroソーター : 発酵豆、未熟豆を取り除く
* UVソーター : 紫外線を使用し、苦渋みのする豆を取り除く
* CTソーター : CTスキャンを応用したソーターで欠け豆、虫食いに加え、内部に欠点を持つ豆も取り除く。Daterraオリジナル設備。


5.Warehouse & Packaging
上記4段階にて出来た最高品質の豆を、最適な方法で保管・袋詰めしている。ここにもDaterra独自の取組みが随所に見られる。

保管=気温、湿度、日照をコントロールした上で、ポリプロピレン配合のBig Bag保管。
袋詰=Penta Boxに詰める。ただの真空ではなく、工夫が凝らされている。他産地でも最近バキュームパックは見られるが、DaterraのPENTA SYSTEMで完璧に欠点を取り除いた後だからこそ、本領を発揮する包材である。ミカンやりんごでも、一個でも腐ったものがあれば周りに移ってしまうのと同じで、如何に欠点を取り除いた後に詰めるか。それにつきる。

こういった全ての工程を通り、厳選された素材を、これまた厳選されたパッキング方法にて製品化されたのが、"Penta Box"シリーズなのです。
ちょうどブラジル産は端境期を迎え、通常品は劣化が進んできている時期となりますが、是非とも収穫したてのような新鮮さを保った"Penta Box"である、弊社取り扱い"Daterra Reserve"、 "Daterra EspressoYellow"をお試し下さい!

032-photo1.jpg
032-photo2.jpg
032-photo3.jpg
032-photo4.jpg
032-photo5.jpg
032-photo6.jpg
032-photo7.jpg
032-photo8.jpg
032-photo9.jpg
032-photo10.jpg
032-photo11.jpg
032-photo12.jpg
032-photo13.jpg
032-photo14.jpg
032-photo15.jpg
032-photo16.jpg
032-photo17.jpg
032-photo18.jpg
032-photo19.jpg
032-photo20.jpg
032-photo21.jpg