018-photo01.jpg018-photo03.jpg018-photo05.jpg
4月末に行われました、ANACAFE (グアテマラコーヒー生産者協同組合)主催、国際オークション "EXCEPTIONAL CUP" の最終選考に審査員として参加して参りました。

私で良いのか?と言う不安な気持ちと、国際審査員として参加出来る喜びで現地へ飛びました。

中南米、アフリカ等の生産国では、優れたコーヒーを選考しオークションで販売することが行われています。Specialty Coffee(以下SC)市場をターゲットにした、各国のプロモーション効果、生産者側としては上位に入り知名度を上げる、そして何よりも消費者が厳選されたすばらしいコーヒーを購入できるのが目的です。

グアテマラでは昨年から、EXCEPTIONAL CUPという名のオークションが行われています。今回は、そのオークションに出す前の、最終選考カッピングに国際審査員としてANACAFEに招待され参加しました。
既に国内審査により、50の農園に絞られており、3日間かけて25農園に絞ることが行われました。25農園に残った農園には国際審査員の評価点により順位がつけられ6月7日のオークションにかけられます。

国際審査員は、日本人5人、アメリカ人4人、グアテマラ人3人、スウェーデン人1人の計13人でした。

018-photo02.jpg今回は、世界初コンピューターを使用したカッピングフォームで行われました。
特性ペンで画面タッチすることにより、各項目に点数を入れて行きます。

018-photo06.jpg左から、ANACAFEロペス総裁、品質委員会委員長マネー・アルベス、ウィリアム・マーケティング代表によるプレスインタビュー
018-photo07.jpg各セッション毎に、ディスカッションが行われ意見交換が行われます。各国、各審査員により意見が異なり非常に良い刺激になりました。
018-photo08.jpg誰が何点をつけたのか、各項目毎にわかるため毎セッション気が抜けません。3日間打っ通しのカップは、かなりの重労働でした。
018-photo09.jpg最終25農園は最終日に表彰されました。
018-photo10.jpgご存知ANACAFEマーケティング担当ガブリエラ女史と
018-photo11.jpg■番外編
ANACAFEオフィスの4階にある食堂は何を食べてもうまい。
018-photo12.jpg■番外編
そして食堂のおばちゃんがすごくフレンドリー
018-photo13.jpg■番外編
グアテマラでマクドナルドのデリバリーサービスを見つけました。