最近巷でよくコーヒーと健康に関わる論文や記事が発表されています。
先日も1/21の東京新聞でコーヒーと肝臓がんの関係が掲載されていました。

皆様よくご存知のコーヒー業界団体である全日本コーヒー協会もコーヒーと健康について、毎年予算を組んで学術研究を行っております。論文も多数ホームページ上に掲載されておりますので、こちらもご参考になると思います。
:: 全日本コーヒー協会ウェブサイト http://coffee.ajca.or.jp/

世界的なコーヒーの業界団体であるICO International Coffee Organizationでも、消費振興事業の一環として、コーヒーが健康に悪いという誤解を払拭させるため、医者や看護士を対象にした啓蒙活動を行っているとのことです。既にヨーロッパでは7カ国で大手企業からの資金援助のもとに、「positively coffee (断然コーヒー)」活動を展開しており、日本でもセミナーを開催する模様です。
:: ICO International Coffee Organization http://www.ico.org/

また、コーヒーの生豆成分を抽出したこんな製品も出ているようです。
:: 生コーヒー豆エキス http://www.oryza.co.jp/business/sozai/of39.html

嗜好品としてのコーヒーが、体にもいいって、ちょっと得した気分ですね。
こうした活動が少しでもコーヒーの消費振興につながるといいですね。