先日チェコの首都、プラハに行って参りました。

チェコというと、日本では冷戦時代のチェコ・スロヴァキアのイメージが強く、あまり観光でメジャーではないかもしれません。
チェコはちょうどヨーロッパのど真ん中に位置しています。周りはドイツ・オーストリア・ポーランド・スロヴァキアに囲まれた内陸国で、国の大きさは日本の5分の1。
北海道よりも高い位置にあり、10月でも朝晩は5℃前後、昼間は15℃くらいでした。

中世の街並みがそのまま残る、プラハのカフェ文化を素人目ですがご紹介いたします。

Café Mozart

旧市街広場に面した老舗カフェで、Grand Hotel Prahaの2階にあります。タイミングが良ければ、モーツアルトのコスプレをした店員さんが案内してくれます。
Mozart 店内.jpg

モーツアルトの名を冠したカフェだけあり、なんとドリンクメニューにクラシック音楽の名前がついています。

Mozart 表紙.jpg  Mozart menu.jpg

個人的にCoffee Figaroが気になったものの、このあとケーキもオーダーするので、無難なCoffee Latteを注文しました。メニューの右に書いてある数字が価格です(画像クリックすると拡大します)。EU加盟国ですが通貨はチェコ・コルナなので、1コルナ約5円とお考え下さい。

ラッキーなことに観光名所の時計台が見える席。ちなみに毎正時になるとからくり時計が動きます。
時計台.jpg

正時になるのを待ち構える人々を眺めつつ、
Mozart Cafe.jpg Mozart Latte.jpg

でてきたのが、こちら。綺麗な3層、ラテマキアートです。ミルクがまろやかだからか、ほんのり甘く感じます。水が一緒についてくる、ウィーンスタイルです。昔はオーストリアの地域だったからでしょうか。ちなみに炭酸水です。
価格はラテが89コルナ、ケーキは60コルナくらいでした。ピアノの生演奏はBeatlesのYesterdayが。しっとりしたひと時を過ごせます。

Café Savoy

創業1893年の老舗カフェ。モーニングを食べに土曜日の9時過ぎに行ったところ、店内はすでにお客さんでいっぱい!幸い予約無しでも入れました。
Savoy 客.jpg

ウィーン風な内装です。プラハのみなさん、毎週こんな優雅な朝をお過ごしなのでしょうか?なんと朝からシャンパンあけているお客さんもいます。
Savoy Coffee.jpg Savoy bread.jpg

一番軽そうなメニューをオーダーしたのですが、パンが山ほどでてきます(笑)ポットの後ろになっていますが、こちらもガス入りの水付き、銀盤で提供されます。やはり元ハプスブルク帝国。
セットのコーヒーはどんなものかしらと思っていましたが、なんとも香り高く新鮮、バランスがとれていて飲みやすい。これで198コルナ。ポットにコーヒー入った状態で出てきたのは初めてでした。

Misto

プラハ城を見た後に、ちょっと歩いて住宅街にあるカフェに入りました。スペシャルティコーヒーが楽しめるカフェです。
Misto Entrance.jpg Misto menu.jpg

品種や精選方法もメニューに記載されています。
Misto Cafe.jpg

オーダーしたのがこちら、カプチーノ(手前)60コルナです。ちょっとコーヒー感が弱いような気もします。奥はフラットホワイト70コルナ。

ちなみに店内で見つけたポスター。プラハでもスペシャルティコーヒーのイベントがあるようです。
ポスター.jpg

Café Louvre

創業1902年。プラハを代表する有名カフェです。

Louvre Entrance.jpg Louvre 内装.jpg

アインシュタインやフランツ・カフカも通った名店です。ちょっと見づらいですが、テーブルの上に立っているのはメモ帳で、鉛筆も添えられています。アイデアが生まれた時にさっと書き留められるように、ということらしいです。

Louvre Breakfast.jpg

160コルナでした。カプチーノ単品でオーダーすると60コルナくらいだったと思います。強めのエスプレッソでで目が覚めます。
が、とくにアイデアは生まれなかったので、もったいないことにテーブルのメモ帳は出番がありませんでした。

EMA Espresso BAR

こちらもMistoと同じく最近話題のカフェのよう。
観光の中心地からちょっと離れたところにあり、観光客もまばらで静かなところにありますが、店内は地元の人々でにぎわっていました。

EMA ESPRESSO BAR.jpg EMA menu.jpg

入口のドアに落書きされたままなのが気になりますが笑(意外ですがプラハは落書きだらけです・・)

EMA cafe.jpg Ema view.jpg

カプチーノ59コルナ。フルーティーで大変美味でした。プラハ滞在中一番好みのコーヒーでした。

EMA 店内.jpg

広々とした店内で、作業したり、読書したり、テラス席で歓談したり、思い思いに過ごしています。このあとコーヒー豆まで購入してしまいました。

以上、プラハのカフェをいくつかご紹介させていただきました。
伝統的なカフェ文化が主流ではあるものの、スペシャルティコーヒーの新しい文化も垣間見えました。そしてどこで飲んでも美味しい、レベルが高かったです。
クラシックなカフェスタイル、最先端をいく話題のカフェ、それぞれ新旧の特徴が楽しめますので、ぜひ、みなさんも訪れてみてください。

~番外編~

チェコはビールが有名です。日本だとビールといえばドイツ、ベルギーを思い浮かべますが、世界で1番ビールを飲む国はチェコです(1人当たりのビール消費量)。

Budweiser.jpg
バドワイザーです。訴訟問題にまで発展しましたが、チェコが本家本元です。

Pilsner.jpg
ピルスナーです。だいたいどこも丸っこいジョッキで出てきます。

修道院ビール.jpg
プラハ城近くのストラホフ修道院のお隣のレストラン、絶景を眺めながら飲んだ修道院ビールです。
プラハが「百塔の街」と言われる理由がわかります。

残念ながら価格を忘れてしまいましたが、だいたい40コルナ前後だったような気がします。
お店で飲むなら水よりも安いのです。