コーヒーに携わる中で、産地の開発はもちろんですが、やはり消費地の研究も欠かせません。
今回、会社人生で、初めてのイタリア視察を実現することができましたので、レポートします。

アメリカ西海岸に主に見られるような目新しさよりは、どちらかというと伝統に重きを置いている感じが強かった、というのが正直な感想です。

しかしながら、エスプレッソ1杯、1ユーロで飲めるバールが多いため、日に4-5杯飲む人も珍しくないというのも頷けますし、このような値段設定であるが故にコーヒーがイタリア人の生活の一部となっているのも、十分に納得できるものでした。

【Caffe ChiaroScuro】
http://www.chiaroscuroconcept.it/lang/eng/index.php

1950年代創業のフィレンツェの焙煎メーカーMokaflorのアンテナショップとして、1999年にフィレンツェの町の中心にオープンしたカフェ。郊外にも店舗保有。

099-photo01.jpg ここの特徴は、イタリアでは珍しくフレーバーカフェ(立ち飲みで2-3€)に力を入れていること。
モカホイップや、面白いところではバルサミコ酢配合のホイップクリーム(美味!)を使用しています。

シェイカーで氷とミックスしたカフェシェイラードも提供、夏場はかなりの売れ行きだとか。
(但しロブスタも混ざっており、味は悪いです。)

昼食とアペリティーヴォの食べ物の種類も多く、この辺りで働いているイタリア人や観光客で賑わっています。

持ち帰り用途で各オリジンの焙煎豆を用意しており、また紅茶も品揃え豊富。

消費者対象のカップ会も定期的に開催しています。
表のメニューには日本語メニューもあり、来客の多さを示しています。
エスプレッソは立ち飲みで1€、座りで2.5€と良心的。
099-photo02.jpg
099-photo03.jpg 099-photo04.jpg
【Gilli】
http://www.gilli.it/
099-photo05.jpg 1733年創業、おそらくフィレンツェで一番歴史ある高級カフェ。(経営者は創業当時とは別。)

リパブリカ広場に面した、最高の立地。

立ち飲みと着席ではかなり料金が異なるのも、古き良きイタリアらしいところ。

リバティー様式の店内や、所狭しと飾られたお菓子の華やかなショーウインドウも必見。

しかしながら、エスプレッソを頼んだところ、アメリカーノのような薄いコーヒーが出てきたため、作り直してもらいましたが、再度薄いコーヒーが出てきました。

少なくともコーヒーの品質は良いとは言えず、立地のよさにより生き長らえてきたものと邪推。
エスプレッソ立ち飲み1€、座りで4€。
099-photo06.jpg
099-photo07.jpg 099-photo08.jpg
【Roberto Cavalli 】(旧Caffe Giacosa)
http://www.caffegiacosa.com/

1900年代初めにCaffe Giacosaとしてオープンし、つい数年前まで歴史あるカフェとして君臨していました。オーナー変更により、ファッションブランドでもあるRoberto Cavalliとして再出発。

店内の立ち飲みスペース、座り席のほか、店外のテラス席も併設。

フィレンツェ生まれで、同地でよく飲まれているカクテル「ネグローニ」(ジン、マルティーニ、カンパリを等分に使用)は、このカフェで生まれました。

マロッキーノと呼ばれるカカオホイップや朝鮮人参ホイップなど、面白いラインナップ。

立ち飲み料金でコーヒーを購入したところ、空いていた席に座らせてくれるなど、気さくな店員に恵まれました。エスプレッソ立ち飲み1€、座りで3.5€。
099-photo09.jpg 099-photo10.jpg
099-photo11.jpg 099-photo12.jpg
【Caffe Piansa】
http://www.caffepiansa.com/english/caffetteria.htm

099-photo13.jpg フィレンツェの焙煎メーカーPiansのカフェ。
(焙煎メーカーのアンテナショップは上記Caffe ChiaroScuroとここの2店舗だけ)

イタリアの権威ある格付け本ガンベロロッソのバール部門、「Bar d'Italia」のリストの常連で、2011年は「2tazzine & 3chicchi」(ミシュランにおける星のようなもの。)

町の中心から少し離れたオフィス・ショップ街にあるため、ここを利用するほとんどが地元の人。

カウンターが店内のメインの場所にある建物の造りは、立ち飲み率が多いイタリアバールらしさ感じさせてくれます。

ハウスブレンドである「10+1」(10種類のアラビカと1種類のロブスタ)の焙煎豆販売もしています。
エスプレッソは濃厚で酸味とのバランスも良かったです。
エスプレッソ立ち飲み1€。
デカフェエスプレッソは、今回の店の中で一番すっきりしていました。(他の店舗では薬品臭あり)
099-photo14.jpg
099-photo15.jpg 099-photo16.jpg
【Marcello La Pasticceria】
http://www.pasticceriamarcello.com/ita/index.html

上記Café Pianzaの、はす向かいにあるお菓子屋。店内は明るく、木目調が多いカフェとは違った雰囲気。エスプレッソは立ち飲みで1€。ケーキ等のお菓子は非常に有名。

099-photo17.jpg 099-photo18.jpg
099-photo19.jpg 099-photo20.jpg