ルワンダ コーパック キロレロ  軽量タイプ

原産国
ルワンダ共和国ルワンダ共和国


コーパック農協は2001年4月14日Emmanuel Rwakagara Nzungize氏によって設立されました。

2,000人以上の生産者と6つの地区(単一農協組織)にて構成される農協共同組合です。現在は業務形態を農協協同組合から企業へと変わりました。


コーヒー農園はルワンダの火山北部Kivu湖の上の丘に点在し、肥沃な大地、高地、豊富な雨量に恵まれており、ブルボンコーヒーの栽培に最適な環境で栽培されています。

2004年にEAFCA(East African Fine Coffee Association)によって、「最も優れている東アフリカのアラビカ豆」と評価されて以降、各コンテストで高い評価を得る豆を継続的に輩出しており、2007年、2009年でも再びEAFCAで1位を獲得しています。

2009年には、Rwanda National Competition Taste of Harvestでその年のルワンダコーヒーベスト5にも選ばれており、現在もアメリカやフランスなどに輸出・販売され、高い評価を受けています。

さらにこの農協は売上金から学校・病院・道・橋建設、女性・子どもの生活環境の向上など、福祉活動にも力を入れております。

<買付担当者コメント>

コーパックは業務形態を農協協同組合から企業へ変更したことにより、小農家や農協を対象としたフェアトレード(FLO)認証がつかなくなりました。
そのかわり、今回のロットからはレインフォレスト・アライアンス認証がつきます。

FLOではないものの、農家への貢献活動はそのままです。

また、カップは毎年進化していて驚かされます。

今回は3つの農協から仕入れましたので、
それぞれの酸味のキャラクターの違いを是非お楽しみください。

(山岡)

※こちらの商品は兼松オリジナル「プレミアムバキュームBOX」でお届けします。
1カートンに、5kgの真空パックが4個入り(合計20kg)となっております。

弊社でも初の試みとなりますため、配送時の揺れなどで、バキュームの空気漏れ等が起こる可能性もございます。
誠に恐れ入りますが、ご注文の際は、事前にご了承頂きたくお願い申し上げます。

Coffee DATA

地域 ルワンダ 西部ルトシロ地区
認証 RA認証
規格 -
業態 -
品種 ブルボン
標高 1,600~2,000m
栽培面積 -
生産量 60,000~80,000袋
収穫期 3月~7月
スクリーン -
パッキング 20kg プレミアムバキュームBOX
加工方法 ウォッシュド
乾燥方法 天日乾燥
クロップ年度 2015/16
備考欄 次回12月中旬入荷予定
TOTAL : 85.50pt
カップ評価

Qグレーダーのカップ評価

85.50点。香り豊か、非常にクリーン、粒ぞろい、グリーンも申し分ない。by 江藤雄介
【2015.11.11】

ログイン後、購入可能になります。

この商品のレビュー

レビュー(全5件)
おすすめレベル ★★★★

事前評価を信じて20kg購入しました。深・中・浅の3段階で焙煎しましたが、それぞれの特徴が良く出て、バランスの良さを感じました。コストパフォーマンスのよい豆でした。

岩手県 コーヒーショップ
おすすめレベル ★★★★★

香り、酸味、コク、バランス、全てにコスパの高い豆です。
この価格でこれはとてもお勧めです。

兵庫県 焙煎業者
おすすめレベル ★★★★

豆の欠点が非常に少なく、生豆そのものの品質の良さを感じます。焙煎した感じは、香りの良さとカップの透明感は高く、さすがにスペシャルティレベル、優等生的な豆です。ただ私の印象ではコクや苦みに関しては表現しづらい、少しつかみどころがないとも感じます。今までコーヒーの苦みや酸味が苦手で普段ミルクや砂糖を入れないと飲めない人にブラックの味わいを試してもらうにはよい豆だともいえます。

鳥取県 開業準備中
おすすめレベル ★★★★

シティローストで試してみました。

きれいな酸味としっかりしたボディでした。
後味もスッキリしています。
冷めても渋みを感じることはありませんでした。

東京都 開業準備中
おすすめレベル ★★★

豆はよく揃っており、欠点豆も少ない。
ウォッシュド特有のグリーンが強く、栽培地の標高からハードビーンズの煎り難さを予想した。
通常ローストは浅く抑えているが、この豆はシティまで持って行った。
シティでも甘い香りはそれほど強くなく、後味に苦渋味を感じる。
ボディは力強く、さっぱりとした酸味でバランスも良い。
好みから言うと、酸味をもう少し控えめにし、且つ苦渋みをカットしたいので、そのロースト法をこれから探そうと思う。

長野県 開業準備中